2017年9月22日金曜日

ブラシスクリプトを少し書きやすくしてみる。の続き。(サクラエディタ編)

私はブラシスクリプトを書く際、サクラエディタをメインに使用しています。Meryも使わなくはないのですが、サクラエディタのほうが設定できる項目が多く、ある程度環境が出来上がっているので、ずるずると。

個人的な事情はさておき、今回の記事の内容は前回の続きで、サクラエディタ用の設定ファイルについてです。設定ファイルは、自分用にカスタマイズしたものです。設定できる項目は、Mery用のファイルとそれほど変わりませんが、まるごとインポートするiniファイルが追加されています。このiniファイルには、文字色、背景色のカラー設定も含まれています。好みが分かれるかもしれませんが、以下の画像のようなカラーリングです。

おまけですが、Luaのアウトライン解析プラグインも上げておきます。共通設定からプラグインタブを選び、ZIPプラグイン導入ボタンを押せばOKなはずです。

2017年9月10日日曜日

ブラシスクリプトを少し書きやすくしてみる。の続き。(Mery編)

気候の変化に惑わされたり、秋の味覚が店先に出ているのを見たり、時間が経つのも忘れそうです。

さて、以前の記事でMery用の設定ファイルについて書いたのですが、今回は設定ファイルを改良するつもりで弄ったという内容です。

前回は、短く区切って羅列しただけの雑さがありました。しかし今回は、正規表現で設定したキーワードもあるので、Luaの関数がマシになったと思われます。ただし、個人的な好みが出る場合もあるので、わかる方は好きに弄ってくださいませ。

設定方法は、以前の記事[ブラシスクリプトを少し書きやすくしてみる。]を見てください。ダウンロードは、以下のリンクです。

brushscript_mery_v02.zip

  • 追記1(2017/09/14)
    • 一部、記述ミスがあったので、ひっそり修正しました。
  • 追記2(2017/09/16)
    • 修正したはずなのに、やっぱり正規表現がおかしいので修正しました。

2017年7月21日金曜日

塗りつぶしペン(fill.bs)、バージョン0.2。

塗りつぶしペンを更新しました。基点を設定している場合、扇状に塗りつぶすことができるようになりました。パラメータの変更はない為、細かい設定はできません。

また、fill_medi.bsに、描画モードの切り替えを追加しました。線の描画がキレイになりました。ただし、fill.bsと同じ挙動ではありません。

最後に、ダウンロードは以下のリンクからです。

fill_v02.zip


2017年7月11日火曜日

塗りつぶしペン(fill.bs)

塗りつぶしペンを新しく作りました。投げ縄で選択して、塗りつぶす動作を真似たものです。パラメータが少ないので、特に説明もなく使えると思います。さくっと塗りたいとき以外は、なくてもいいかもしれないですが。

最後にダウンロードは、以下のリンクからです。

fill_v01.zip

2017年1月29日日曜日

ラフブラシ(rough.bs)

ラフブラシは、鉛筆や木炭のざらざらした質感を表すのに作りました。三角形と四角形をランダムに描画するブラシです。粒の大きさによっては描画回数が多くなるので、もたつくかもしれません。

googleドライブから、rough_v01.zipをダウンロードしてご利用ください。また、bitbucketで公開してます。ただこちらは試験的に利用し始めたので、気が変わって消してしまうかもしれませんが。

2016年8月2日火曜日

拡散ブラシ、バージョン0.11。

拡散ブラシを更新しました。変更点は、"rnd_angle"の削除と、"color"の使用色を切り替えられるようにしたことです。

"rnd_angle"は、小さな円の角度をランダムに変化させるパラメータです。ただし、あまり使用頻度がないのと、"color"の使用色を切り替える、"use_bg"のパラメータを追加するために削除しました。しかし、全くないのも味気ないので、"angle"のパラメータを100(%)に合わせたときに変化が現れるようにしました。

また、"use_bg"のパラメータですが、"color"の使用色を前景、もしくは背景の色に切り替えるものです。チェックしなければ前景色、チェックすれば背景色になります。ブラシごとに設定ができるほうがいいかなと思って、追加しました。背景色で消しゴム的な使い方をしたいときもあったので・・・。個人的には、ブラシスクリプト内で透明色が使えたらいいなあと思うんですが、優先度的に低いかもしれないですね。

最後に、ダウンロードは以下のリンクです。

diffusion_v011.zip

2016年7月22日金曜日

音符ブラシ、バージョン0.1。

音符ブラシを新しく追加しました。通常の丸い音符と、四角い音符の2種類です。休符はなく、よく見かけそうな音符の6種類をランダムに描画します。

パラメータは、2種類ともに同じです。もし、音符の雰囲気が変えたいときは、棒の太さと高さを調整してみてください。以下は、パラメータのリストです。

  • "interval" >> 描画間隔を決める。範囲は、1~100(%)。
  • "line" >> 音符の棒の太さを決める。範囲は、1~25(%)。
  • "line_height" >> 音符の棒の高さを決める。
  • "rnd_pos" >> 描画位置をランダムに。
  • "rnd_size" >> 音符の大きさをランダムに。
  • "movedir" >> 音符の角度を進行方向に合わせるかどうかを決める。
  • "angle" >> 音符を角度を決める。
  • "rnd_angle" >> 音符の角度をランダムに。
  • "rnd_alpha" >> 音符の透明度をランダムに。
  • "press_alpha" >> 音符の透明度に筆圧を反映。補正ガンマ値は、0~4の範囲。 一般的な筆圧の反映ならば、25(%)あたりに。

そして、適当なサンプル画像です。イラストの背景が埋まらないときなど、ちょっとした飾りに使用するといいかもしれません。


最後に、ダウンロードは以下のリンクです。

note_v01.zip